So-net無料ブログ作成
検索選択

065 土に合い、水になじめば、花は咲く・・・D・W・グリフィス [表現の功労者]

065 土に合い、水になじめば、花は咲く
       デビッド・ウォーク・グリフィス―①

P1130655.JPG
●時代背景 1900年代初頭のニューヨーク

  アメリカにおける映画事業の独占が、エディスン社主導の元にMPPCMotion Picture Patent Company)の名称でようやくまとまろうとしている頃、組織を構成する1社であるバイオグラフ社に現れた若い夫婦。
  彼は才能を開花させる場所を得て、数年でアメリカ映画を、いや世界映画史に残る偉業を示
すことになります。


●ご存知なら、あなたも映画通

  デビッド
・W・グリフィスは、今日「映画の父」として、映画関係者ならずとも映画大好き人間なら誰でも知っている有名人です。映画の技術的な発明はリュミエール兄弟ですが、グリフィスは映画の表現手法を編み出し、映画言語の基盤を確立したからです。
  つまり、それまでに見られたような、舞台劇をそのままフィルムに移し変えたような退屈なものではなく、撮影段階とその後の編集の工夫で、動く写真Motion Picture
)でしか表現できない映画ならではの見せ方を発見し、提示したのです。

GRIFFITH.jpeg●D・W・グリフィス

  彼が映画監督として歴史に刻んだ代表作は「国民の創生」(1915)と「イントレランス」(1916)ですが、そんな彼も最初はなかなか望む場所を得られずに遠回りをしていたようです。なぜなら、彼がバイオグラフ社に現れる前は、エディスン社にも足を運んで試行錯誤しているのです。


●演劇の演出家になりたかったグリフィス
  グリフィスは南北戦争が終結した10年後の1875年に、リンカーン大統領と同じケンタッキー州で生まれました。アメリカ北部と南部のちょうど中間に位置するケンタッキー州の大方は北軍に属したのですが、大農園を経営する父は奴隷解放に反対し、南軍で戦いました。
 戦後、農地と奴隷は解放され、グリフィスの少年時代は困窮を極めていました。そんな中でも両親は彼に高い教育を受けさせました。

IMGP8652.JPG
●ケンタッキー州は奴隷制をとっていたので、南北戦争では両軍に分かれた 1861

 成長するにつれグリフィスは、自分が文系に向いていることを知り、小説や戯曲を書き始めました。彼の中にはすでに舞台の演出家になりたいという明確な願望が芽生えていたようです。
 映画誕生とされる1895年はグリフィスが20歳の時になります。その頃の映画は見世物の域を出ず、演劇よりもはるかに低俗なもので、演出家を志すグリフィスの眼中には無かったと思われます。成人するとグリフィスは演劇活動も始めました。ライターも俳優も、彼にとっては演劇の演出家という最終目的達成のためのステップだったと思われます。

 グリフィスが俳優としてニューヨーク・デビューを果たしたのは
31歳の頃でした。同じ俳優のリンダ・ア-ヴィドスンと知り合い、結婚。でも芝居ではなかなか二人の生活費は稼げません。ところが映画は世の中の人気を得て、今や芝居をしのぎそうな勢いです。そこで彼は手持ちの戯曲の売込みを思い立ち、どうせなら、と業界トップのエディスン社に当たってみました。1907年の春のことです。

エドウィン・S・ポーター.jpgエドウィン・ポーターと彼の代表作
12.JPG13-1.JPG
●「あるアメリカ消防夫の生活」1902    ●「大列車強盗」1903 

 グリフィスに会ったのは、あの「大列車強盗」の監督で名高いエドウィン・S・ポーターでした。ポーターは、ルックスもよく役者もやっているというグリフィスを一目見て、これは俳優として使えると直感しました。当時ポーターは週単位でニッケルオデオンに配給するための短編映画の製作に追われ、いつもと違う新鮮な役者の登用の必要性を感じていたのです。


●まずはエジソン社で、映画俳優としてスタート

 ポーターはグリフィスの持ち込んだ戯曲…それは「トスカ」の翻案でしたが…に一応の敬意は払いながらも、自分で構想していたアクション映画にグリフィスを起用することにしました。芝居の戯曲として書かれたものをそのまま映画のシナリオとしては使えないことをポーターは知っていたからかも知れません。根本的な違い。それは演劇は限られた舞台空間でしか展開できませんが、映画にはその制約が全く無いことです。当時の映画人はやっとその違いに気づき始めた頃なのです。

 エドウィン・ポーター監督の新作は「鷲の巣から救われて」。
 
岩山の平地にある開拓者の家。外で遊ぶ幼い息子を残して母親が家の中に入ったその瞬間、大鷲が息子を文字通り鷲づかみにしてさらって行きます。鷲の巣を探し当てた父親・つまりグリフィスが仲間の協力でロープを伝って崖を降り、息子を助け上げようとしたところ、襲い来る大鷲。壮絶な格闘。ようやく大鷲を倒してグリフィスは息子と共にロープで引き上げられていきます。めでたしめでたし。

 ●「鷲ノ巣から救われて」1907 無音 57秒
 
シーケンス 02.JPG      
             鷲の巣から.JPG 
●2点とも「鷲ノ巣から救われて」1907 役者として出演しているグリフィス

 物語は他愛なく、映画とは言えセットもまだまだ芝居の舞台の域を出ていません。大鷲と息子を吊り上げて背景の絵を巻き取ることで鷲の飛行を表現していますが、1900年パリ万国博における巨大パノラマの視覚効果が応用されていることが分かります。

 いずれにしてもポーターのこの作品は「大列車強盗」をしのぐ出来ではなく、グリフィスの映画デビュー作品として知られているようです。それにしても舞台装置家ロバート・マーフィの手による大鷲とその操演にこそ注目すべきでしょう。


IMGP8246ok.jpg1907.JPG
●鷲は左のパノラマの応用で、背景画を左に移動させることで飛行感を出している 

(この発展形がスクリーンプロセス。止まっている車の背景スクリーンに、走る車から撮影した風景を投影して実際に走っているように見せるテクニックは現在も使われている)


●どっちの水が甘いか

 「鷲の巣から救われて」(1908)は興行的にはなかなか評判が良かったので、グリフィスは映画も面白そうだという気がしてきました。ポーターの映画づくりの手法は、自分が考えていた演劇の演出家の仕事と基本的には同じものだったからです。戯曲を書いたりした経験を持つ自分なら映画監督も悪くない。食うために探し当てた映画の世界で自分の力が試せるなら、一丁やってみようか。…けれども入社早々で映画1本に出演しただけのグリフィスを、すぐに映画監督にしてくれる人はおりません。

P1120784.JPG ディクスン.png 
●時代背景 T型フォードが街にあふれている 1908                  ●ウィリアム・ディクスン 

 そこでグリフィスはリンダといっしょに、エディスン社の最強のライバル、あのウィリアム・ディクスンが在籍するバイオグラフ社を訪れたのでした。ショービジネスの世界における当時の求職活動というのは、ボードヴィルの役者もマジシャンもサーカスのジャグラーも空中ブランコも、大抵、家族か夫婦か恋人同士かでコンビを組んで会社訪問をし、面接を受けてその場で採用・不採用が言い渡されるというようなやり方が普通でした。

 案ずるより生むが安し。バイオグラフ社では、グリフィスの持ち込んだシナリオと二人の役者としての素養を読み取って、夫婦込みで俳優として契約してくれたのでした。
 エディスン社を辞してバイオグラフ社に移籍したデビッド・グリフィス。そこから水を得た魚のように、彼の本領が発揮されていくことになります。  
                                            
つづく


nice!(56)  コメント(14)  トラックバック(4) 
共通テーマ:映画

nice! 56

コメント 14

kinkin

昨夜はお疲れ様でした、またお会いしましたら
宜しくお願い致します。
by kinkin (2015-06-28 07:46) 

さる1号

オフ会、お疲れ様でした
また宜しくお願いします
秋の9.5mm規格についての講演、楽しみです
by さる1号 (2015-06-28 07:53) 

NO14Ruggerman

昨日はお疲れさまでした。

100年以上も前の話、とはいえ、まだ100年そこそこしか経っていないのですね。
by NO14Ruggerman (2015-06-28 09:36) 

すがめ

グリフィスって最初俳優さんだったんですかぁ。
高校生くらいの時に国民の創生観たと思うのですが記憶の彼方…
by すがめ (2015-06-28 11:37) 

ぼんぼちぼちぼち

昨年に続き今年もご参加くださりありがとでやす・ぺこりっ
早速写真も送ってくださいやして。よい記念になりやした。

それにしても、今年は料理の量とタイミングがよろしくなかったでやすね。
主催者として反省しきりでやす。
次回は別の店にしやす。
6月30日公開の次回記事にて、みなさんへの御礼・反省点・次回の青写真を述べやすので
閲覧いただけると幸いでやす。

by ぼんぼちぼちぼち (2015-06-28 14:32) 

青山実花

昨日は本当にありがとうございました。
盛り上がりましたね。
楽しかったです。

sigさんと色々お話できて、
本当に嬉しかったです。
私は映画は数ばかり観ているだけで、
専門的な知識や監督さんの傾向などは何も知りません。
sigさんのブログはとても勉強になります。
これからも宜しくお願いします。
by 青山実花 (2015-06-28 18:36) 

sig

kinkinさん
さる1号さん
NO14Ruggermanさん
ぼんぼちぼちぼちさん
青山実花さん
こんばんは。昨日は久しぶりにお会いできてうれしかったです。
また、映画の歴史に興味をもって頂いてありがとうございます。
太古から話を初めて、ようやく20世紀の頭まで到達しました。今年、映画誕生120周年ということで「映像の発達史」としてまとめております。
なお、関連して11月には9.5ミリ映画についてお話会を計画しております。その節はブログ上でご案内させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

by sig (2015-06-28 19:41) 

sig

すすがめさん、こんばんは。
「国民の創生」をご覧になっているとは、すごいことです。このブログでは、あと7回くらい後に、詳しく述べさせていただく予定です。どうぞよろしくお願いします。
by sig (2015-06-28 19:44) 

Hide

sigさん今晩は!
昨夜は楽しいオフ会、ありがとうございました。
私も座ってしまいますと、なかなか動かないものですから
お話も出来ず残念です、また次回お会いする事が出来ましたら
どうぞ宜しくお願い致します。朝の3時迄身体が持つかな?

by Hide (2015-06-28 21:51) 

Mitch

昨晩はお疲れ様でした。
新潟ご出身でいらっしゃいましたか!?
昨晩はオフ会で再びお目にかかることができ、楽しい時間を過ごさせていただきました。
今後ともよろしくお願いいたします。
by Mitch (2015-06-28 21:54) 

るね

昨夜のオフ会はお疲れ様でした。
ほとんどお話もできませんでしたが、次にご一緒する機会のため、ブログを熟読させていただこうと思います(映画にはとんと疎いので……)。

次回もよろしくお願い致します。
by るね (2015-06-28 23:17) 

響

今でも電車の車窓の風景が合成って
解るのがありますよね。
そんな昔からの技術なんだぁ。
by (2015-06-29 08:45) 

sig

Hideさん
Mitchさん
るねさん
こんばんは。
オフ会では楽しい時間をありがとうございました。Mitchさんとは再会できてうれしかったです。みなさんともっとお話をしたかったのですが、いつの間にか時間が過ぎてしまいました。いつまでも時間が過ぎないことより、ずっといいことだと思います。次回もどうぞよろしくお願いします。
by sig (2015-06-29 23:50) 

sig

響さん、こんばんは。
映画に関して悪知恵付けてすみません。自分が作る立場なものですから、つい、種を明かしてしまいます。ま、デジタルで作る時代では、もうそんなことはありませんからご安心ください、笑
by sig (2015-06-29 23:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 4

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。