So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2015年01月 |2015年02月 ブログトップ

002 19世紀末とはどんな時代? [19世紀末という時代]

P1050001.JPG

002 19世紀末とはどんな時代?

 今年2015年は、映画誕生120周年に当たります。今から120年前とは、20世紀を目前に控えた1895年。この年の1228日が映画発明の日とされています。
 19世紀が幕を閉じ、新しい世紀が今まさに始まろうとしているその瞬間に、それまでになかった全く新しいメディアが登場したということは、今日に至る映像の輝かしい未来を暗示するような出来事でした。

 先の20世紀の発展基盤は19世紀に確立されたといわれる通り、イギリスの産業革命に端を発する重工業や蒸気機関を基盤とする高度な工業技術は、建設、建築をはじめ交通機関に至るまで世界の主要都市の近代化を加速し、大英帝国・ビクトリア王朝に代表される絢爛たる消費文化を花開かせました。間もなくそれは大衆文化にも波及し、市民生活に実に多くの利便性と楽しみを与えてくれるようになりました。

P1050019.JPG 18881114b.JPG
●エッフェル塔の建設(左)と、1888.11.14時点の様子(右)

P1050010.JPG
パリ
・新オペラ座設計プラン 1861


 当時のファッションを見ると、紳士はあくまでもジェントルマン。淑女はあくまでもレディという理想的な風情で好もしい限りですが、ここでの興味は、映画誕生までの時点で、市民生活はどこまで進んでいたかということになります。

CI-47-EXTRA5.JPGCI-120-6.JPGCI-47-EXTRA4.JPG
●自転車の登場が女性のファッションスタイルスタイルを変えた。


 まず交通機関では、海上の多くは帆船でしたが、1858年に進水した19世紀最大の蒸気船と呼ばれる4000人乗りのグレート・イースタン号が大西洋上に浮かび、ヨーロッパとアメリカとの交流を高めつつありました。
 陸上ではイギリス、アメリカを筆頭に蒸気機関車がけん引する高速列車の競争が続き、時速150kmの壁に挑んでいました。

 1869年完成のアメリカに端を発する大陸横断鉄道の建設は、1895年までにはシベリア、カナダ、オーストラリアへと波及し、大陸での長距離移動が可能となりました。また、イギリスでは1890年に地下鉄が電化され、1895年には日本初の市内電車が京都開業しました。
 自動車はドイツのダイムラー、ベンツが健闘していますが、その実用化にはあと一息で、通常の移動はレール上を馬が引く乗合馬車(オムニバス)、そして自転車でした。

1869 カティ・サーク 英.JPG●カティ・サーク号              300px-Great_Eastern_1866.jpg●外輪船グレート・イースタン号

P1050031.JPG●1885
        ●1882 P1050028.JPG
CI-147-2.JPGCI-147-1.jpg

CI-61-6.JPGCI-140-1.JPG
P1050018.JPG P1050013.JPG


  空路は大型飛行船でしたが、ヒンデンブルク号の大参事のあとは敬遠され、1900年に登場するツェッペリン号まで待たなければなりませんでした。その間、飛行機の実験が続けられていますが、その最先鋒だったドイツのリリエンタールは1896年、テスト飛行で墜落死。1903年、ガソリンエンジンを備えたライト兄弟の複葉機の成功ののち、初めて実用化に向かうことになります。

CI-163-1.JPG P1050021.JPG
                     ●リリエンタールの飛行実験 1894


  家庭周りでは1880年代以降、ベルの発明による電話が普及。エジソンの発明による電気照明が、世界の街々を明るく照らし出します。この電気の発明が、あらゆる分野に革新的な変化をもたらしたことは言うまでもありません。


  更に、それまでの銅版画による描写に代わって写真(静止画情報)が実用化されたり、電話線を利用した劇場中継(音声情報)などが聞けるようになると(ラジオ放送は1920年から)、それまでの新聞、雑誌という文字情報以上にリアルな情報に接することで、それまで想像するだけだった未知の世界の様子を鮮明に知ることができ、絶対に行けないと思っていた海外旅行もあながち無理なことではなさそうだ、と思えるようになりました。
 けれどもそのたびに当時の人々は、「交通面でも経費的にも、とうていできぬ相談」という現実に引き戻されていたのでした。

P1050020.JPGP1050025.JPG
CI-191-2.JPGCI-257-1.jpgCI-212-7 (2).jpg


  が、しかし、そのような欲求が高まれば、それを満たしてあげようと考える人が出てきます。19世紀末に人々を魅了したのは「パノラマ」でした。
 パノラマは一種の巨大な円形シアターで、そこに出向けば、話には聞いていた昔の名だたる戦争の名シーンや、世界の果てと思えるまだ見ぬ国々の珍しい情景を、あたかもその場に立っているような臨場感でたっぷりと楽しむことができるのでした。私たちはそこに、映画誕生以前のタイムマシンを見出すことができます。

P1050053-2.JPG●サイクロラマ
の制作 1886

このように19世紀末という時代は、私たちがこれまで体験してきた20世紀の消費文化の特質の一つである「時間を消費する」という下地を、あちこちに垣間見ることができます。それは旅行であり、スポーツを楽しむことであり、ショーを堪能することでもある訳ですが、こうした娯楽を居ながらにして楽しみたいという欲求…つまり疑似的な体験を実現してくれたのが映画でした。

 こう見てくると、映画というメディアは生まれるべくして生まれて来たものと見ることができます。人々は19世紀末、当時のニューメディアである映画の誕生を拍手喝采で迎え、やがて産業にまで成長する映画を観客という立場で支え、映画の進展を大きく後押ししていくことになるのです。

CI-39-1.JPG
                    
P1050022.JPG







001 「なぜ」「どうして」の対象がフィルムだった映画少年。 [はじめに]

P1060499-2.JPG

●すべては光と影を記録する"時間の帯"を手に入れた時に始まる。


001 序に代えて


「なぜ」「どうして」の対象がフィルムだった映画少年。


 昔…。そう。はっきり言えば1947年。戦争直後と呼ばれている時代です。私が小学校に上がったばかりの頃、良い映画とされる作品は文部省推薦というお墨付きを受け、学校ぐるみで観覧に行ったものでした。

私が初めて見たカラー映画は、ディズニーの「ダンボ」でした。それは小学校の体育館に暗幕を張って上映されたのですから、映画館からの出張上映という形だったと思います。
 
それまで白黒映画しか知らなかった私にとって、それは文字通り目を見張るほど鮮明だったばかりでなく、色彩の鮮やかさは気が動転するほどのショックでした。

大人になってから考えると、それまで見せられていた映画は、白黒16ミリ映画。対する「ダンボ」は格段の鮮やかさを誇るイートマンカラーで、映写機も35ミリフィルムを使った本格的な上映会だったのです。今でいえば、16ミリの1駒をハイビジョン画質とすれは、その4倍以上の4K画質に例えられます。

映画観覧から帰ると、興奮している私を茶化すように、一周りも歳の違う長兄が言った言葉が、以後ずっと私の頭の中に残ることになります。
「映画はね、写真の影なんだよ。みんなフィルムの影を見て、喜んだり悲しんだりしているんだよ。面白いね」

最初はよく分かりませんでした。けれども大きくなるにつれて、その意味が少しずつ分かってきました。フィルムに連続的に定着されている画像は、光と影で構成されるもので、それが「動く写真」の正体なのだ。
 
動く写真は時間の経過を伴う。では、動く写真を記録したフィルムとは、目に見えないはずの「時間」を見ることができる「時間の帯」ではないか…。
 更にその時間の帯は、カットが変わるだけで昼から夜へ、日本から外国へ、海底から宇宙へと自在に飛躍する。まるで瞬間移動の魔法のように…。「タイムマシン」とは映画のことではないか。なぜ人はこのようなものを考え出したのだろう。

このような関心から始まった私の映画への興味は、映画そのものを楽しむことはもちろんなのですが、監督がどうの、作品がどうの、俳優が、音楽が、ということよりも、どちらかというと、その大本である、どうして写真が動くのか。「映画」はどのようにして生まれて来たのか。もっといえば、「人と映画」「世の中と映画」というように、「映画」というメディアそのものへの興味に向いたのでした。

素直に映画を楽しめばいいものを、物事を斜(はす)に見たり、うまい話には必ず裏があると斜めに構えたりする癖は、このあたりからかも知れません。

ところで今年2015年は、映画が誕生してから120周年を迎えます。

 19世紀末に誕生し、20世紀に完成を見た映画は、21世紀に入るとこの1~2年で、それまでのアナログ記録のフィルム方式から一気にデジタル方式に代わりました。映画の製作現場や配給から上映に至るシステムのすべてがデジタル方式に転換してしまったわけですが、とはいえ、当面、それによって「映画」というメディアの本質が変わる訳ではないでしょう。

デジタル時代は、アナログ時代には考えられなかったCGの出現により、「映画」は芸術・娯楽分野に限らず社会的にもいろいろな分野で極めて広範な活用が見られるようになり、「映像」というより広い概念で語られるようになりました。

今後更なる発展が期待される「映像」分野も、その原点はフィルムが築いてきたものであるということは、決して忘れてはならないと思うのです。




ごあいさつ [はじめに]

1903大列車強盗2.JPG
創世紀の
映画の代表作「大列車強盗」1903
  この1カットが、図らずも未来の映画を暗示しているのです。

ごあいさつ
「映画技術おもしろ発達史」を独立させていただきました。

こんにちは。

So-netブログで満7年間、自分史ブログと称して「時計仕掛けの昭和館別館喫茶室」を開かせていただいているsigと申します

新しく設けさせていただいたこのブログは、20081月より開設の「時計仕掛けの昭和館」の中で、20089月より20105月まで79回にわたり、従来の印刷という紙のメディアではなく、「文字」「図形」「静止画」「動画」「音声」による、映像を語るに最適なマルチメディアブログを意識して連載した「映画技術おもしろ発達史」という1カテゴリーを独立させたものです。
  

 同カテゴリーの完結後は、映画史における特に技術史的視点から、いろいろな場で、新しく知り得た事柄などを交えてお話させて頂く機会もあったことから、過去記事に書かなかった事柄を追加するなど、手を加える必要性を感じておりました。
 という訳でこの新ブログでは、かなり大幅に加筆修正しながら、順次過去記事改訂版の連載を進めて参りたいと思います。
 
 

 19世紀末に誕生し、20世紀にみごとな完成を見た映画は、21世紀、更なる発展を目指して躍進中です。特に今年2015年は「映画誕生120周年」に当たります。映画に関する興味の高まりを願い、もしこのブログが日常の話題の中で、少しでもお役に立つことができればうれしく存じます。

                          2015年1月

                          



-|2015年01月 |2015年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。